Go to main page
Home
Log-in with:
register
register
Forgot password?
Forgot password?
2 columns

Oxygen

"Tanaka-san, is it true that there is not enough oxygen in Tokyo, so they sell it in vending machines?"

"How did you know?"

"Don't remember, read it in a newspaper or something."

"It's true, of course."

"Is oxygen expensive there?"

"It is. Poorer people have to switch to nitrogen."

"Such a horror. How does it look technically? Is it like a phone booth? With a breathing mask? Or do you buy a tank of oxygen?"

"They sell it in air balloons. Okamoto company used to make condoms, now it makes air balloons for oxygen."

"So, you buy a balloon, bring it home or inside your car and pop it there?

"Something like that, yeah."

(15 minutes later)

"Well, I am sorry..."

"Sorry for what?"

"Well, you've been quiet for a while, I thought maybe you got mad at me."

"Mad at you for what?"

"I meant no offense, it was a joke... they have just annoyed me with this question so much already."

"Did you lie to me about oxygen, you motherfucker?!"

(10 years later)

"Do all Russians drink vodka?"

"Of course. It's cold there all the time, so water is always frozen, you cannot drink it. But you can drink vodka because it has lower freezing temperature."

"So interesting!"

"Hear me, samurais, I will tell you even more amazing truths! Most Russians have pet bears. But for a bear it's very difficult to get a visa. That's why my own pet bear didn't come with me to Japan."

Author: vladimir (original version)

酸素

「田中さん、東京には酸素が足りなくて自動販売機で売られていることは、本当ですか?」

「何でしってますか?」

「よく覚えていないのに、新聞で読んだことがあると思います。」

「本当ですよ、もちろん。」

「酸素の値段が高い?」

「高い。貧しい人々は窒素に切り替えます。」

「やばい。それでは、酸素をどうやって買いますか?電話ボックスのようなものがあしますか?呼吸マスク?あるいは酸素タンクを買いますか?」

「酸素が入っている風船玉を売れます。Okamotoという会社は前にはコンドームを作っていましたが、最近酸素のための風船玉を作っています。」

「その風船玉を買って、部屋か車の中に持っていて割りますか?」

「はい、そのことです。」

(15分後)

「ごめんね・・・」

「何で?」

「静香になったから、怒っているかもしれないと思いました。」

「何で起こるべきですか?」

「悪気がなかった、冗談でした・・・この質問にむかついているから。」

「お前、酸素については全部嘘を言ったの、糞野郎???」

(10年後)

「ロシア人はみんなウォッカをのみますか?」

「もちろん。いつも寒いから、水は氷になって飲めません。ウォッカは氷結温度がもっと低いから飲めます。」

「面白い!」

「それより面白い話もします。ほとんどのロシア人はペット熊がいます。しかし、熊はビザを得ることがとても難しい。だから私の熊は一緒に日本に来ていません。」

Author: vladimir (original version)

酸素

「田中さん、東京には酸素が足りなくて自動販売機で売られていることは、本当ですか?」

「何でしってますか?」

「よく覚えていないのにけど、新聞で読んだことがあると思います。」

「本当ですよ、もちろん。」

「酸素の値段が高い?」

「高い。貧しい人々は窒素に切り替えます。」

「やばい。それでは、酸素をどうやって買いますか?電話ボックスのようなものがあますか?呼吸マスク?あるいは酸素タンクを買いますか?」

「酸素が入っている風船玉を売ます。Okamotoという会社は前にはコンドームを作っていましたが、最近酸素のための風船玉を作っています。」

「その風船玉を買って、部屋か車の中に持っていて割りますか?」

「はい、そのことです。」

(15分後)

「ごめんね・・・」

「何で?」

「静になったから、怒っているかもしれないと思いました。」

「何でこるべきですか?」

「悪気がなかった、冗談でした・・・この質問にむかついているから。」

「お前、酸素については全部嘘を言ったの、糞野郎???」

(10年後)

「ロシア人はみんなウォッカをのみますか?」

「もちろん。いつも寒いから、水は氷になって飲めません。ウォッカは氷結温度がもっと低いから飲めます。」

「面白い!」

「それより面白い話もします。ほとんどのロシア人はペット熊がいます。しかし、熊はビザを得ることがとても難しい。だから私の熊は一緒に日本に来ていません。」

Author: vladimir Corrector: Rie
0 comments

Leave yours (anonymously):

Name
Email address
URL
Comment
Captcha: